お金が大好きなのでたくさん稼ぎたいです

すぐにお金が必要になったときに借りれるカードローンの紹介

お金は大好きですし、お金を少しでも稼ぐために色々と考えています。
お金が無いと出来ないことが多いですし、日本で暮らすのならお金がすごく必要だと思いますし、格差も感じるのでお金は多く持っていた方がいいなと思っています。

言い方は悪いですが、お金があれば解決をすることが出来ることが多いですし、お金が無いから苦労をすることが多いです。
お金のことで悩んだりしなくてもいいくらいはお金が欲しいですし、節約をしてつまらない生活をするよりもお金があって余裕のある暮らしをすることが理想的です。

お金が無くてもいいと言う人もいますが、私はお金が欲しいです。
副業もしますし、投資もしてお金を増やすことを常に考えています。
自分も楽をしたいですし、家族を楽しませたり親孝行をしたりすることが出来るようにお金は必要なのです。

お金をたくさん持っている人がとても羨ましいですし、私も頑張って稼ごうとやる気も出て来ます。
お金が全てとは言いませんが、お金があることで世界は広がりますし、人生をより楽しむことが出来るのは間違いありません。

出来るだけお金を稼ぐことを今後も考えていきたいです。
お金で苦労をしない人生を歩みたいですし、お金のことでトラブルが起きないようにもしたいです。
ある程度お金を貯めることが出来たら、好きなことをして楽しみたいです。

お金が大好きですしお金を増やすことも好きなので、お金に対してはいいイメージがありますしたくさん欲しいです。

すんでのところで目が覚め借金を回避した体験

私は小さい頃から親の借金で経済的に苦しい環境で育ったし、大学時代に借りた奨学金の返済でも苦労したので、それ以外でお金を借りたことはありません。

社会人になってからはそれなりの収入を得て、奨学金を返しながら少しずつ貯金も増やしていきました。

しかし一度だけ、どうしてもお金が欲しいのを止められなくなったことがあります。

経済観念が発達していて質素な暮らしを好む私からお金の理性を奪いかけたもの、それは電撃的な恋愛です。

彼には地方で行われたあるワークショップで出会いました。

ワークの内容そのものを熱心に勉強していたからこそわざわざ東京から出かけたのですが、そこでお互いに一目惚れをしてしまい、その後も会う機会を作るべく、毎月のように通い続けたのです。

東京からその街までは新幹線に乗らなければならず、宿泊も必須でした。

一度きりの予定でいたワークショップにも共に参加し続けたので、その費用もかかります。

気付くと貯金が半分以下に減っており、新幹線を夜行バスに替えて無理をしながらも止めることができませんでした。

目が覚めたのは、いよいよ残高が3万円を切った時です。

「もし今月行ったら借金することになる。」

この事実を突き付けられて初めて、理性を取り戻すことができました。

子どもの頃の苦労がフラッシュバックしたのです。

ギリギリのところで借金を免れた私はその恋愛も清算し、ワークショップで身に付けた事柄を活かして、今度は稼ぐことに頭の中をシフトしました。

それ以降また地道に貯金する日々です。

競馬の資金はすぐにほしいというときがありあす

わたしはむかしから競馬が大好きです。正直、競馬以外にはお金はほとんど使わない、あえていうとケチなタイプです。

普段飲むお茶もペットボトルのお茶を買わず、自宅で炊いたお茶を外出時に持ち出し、もしくは会社のサーバーで入れ店の無といった具合です。最近では雑誌も新聞も購入せず、インターネットで閲覧することがほとんどです。

こうして節約したお金を競馬に投資しているのですが、いつもいつもうまくいくわけではありません。競馬を行う日は競馬場に行くときも、インターネットで購入する時も上限金額を決めて朝から勝負することにしています。

しかし、ギャンブルだけに負けることのほうが多いのです。メインレースや勝負レースのときにはもともと決めていた上限金額にほぼ達してしまうこともあるわけです。もちろん、自分のお小遣いの範疇なので追加投資してもいいのですが元来ケチなわたしは負けたら来週困るというマイナス思考に陥ってしまうわけです。

こうしたときにすぐにでも今すぐお金が手に入ったらもっと楽しめるのにと思ってしまうわけです。こうした思考回路について家族からはあきれられていますがどうしてもなおりません。

とにかくギャンブルに関してはここ一番でもっとお金があったらもっと勝負ができて、もっと楽しめるのにという考え方になってしまうわけです。ギャンブラーには私と似たような思考回路の方がいると思います。ところが一般的にはなかなか理解してもらえません。

お金はあればあるだけ使ってしまうもの

http://xn--n8jl0hq10l9ymuic9u1bs17e.net/ (専業主婦お金ない.net)>
お金がない・・・究極にそう感じたことは今までの人生ではもしかしたら無いのかもしれません。
というのは、お金はあればあるだけ使ってしまうものなので、無くなりそうになったら使わなければいいだけの話です。
でも、結婚したてで長女が産まれたころは私も毎日お金のことばかり考えていました。
私が専業主婦になり、主人のお給料でやりくりしなければいけなくなった頃、使えるお金は1ヶ月12万くらいでした。(家賃以外)。
とにかく節約節約、でした。
結婚するまで実家暮らし、自分のお給料は半分お小遣いという生活をしていた私ですが、結婚してからは主婦雑誌を読みまくり、数々の節約方法を確立していきました。
その雑誌も中古本で100円とかで買ってました。
外食をしないのはもちろんのこと、冷食は買わない。主人にはお弁当を持たせる。
激安スーパーの特売のサイクルをつかみ、食品の底値を知る。
自分の洋服は買わないけど子供には安くて可愛い服を着せる。
などなど。

今は子供たちも中高生になり、もっともっとお金がかかっています。
私も5年前からパートで働いているし、主人のお給料も上がりましたが、今もあのころの節約術は役に立っています。
お金はあればあるだけ使ってしまいたくなりますので、私は自分のパート代にはなるべく手をつけないようにしています。
足りなくなった時は手をつけますが、「これは本当は使っちゃいけないお金・・・」という罪悪感を自分に持たせるようにしています。
無ければ無いなりの生活をする、それだけのことです。

いつでも幅広く使えるコンビニ!

私がコンビニを利用する理由はいくつかあります。

まずは週刊誌や月刊誌などの雑誌のチェックと購入です。最近の書店などは雑誌をテープで閉じている場合が多いのですが、コンビニの場合は気軽に入って気軽に購入できるのが良いと思っています。

次はドリンクの購入です。コンビニならば流行りの炭酸飲料をいち早くチェックできますし、最近では挽きたてで香りの良いコーヒーが楽しめるので気に入っています。

その他はお弁当や生菓子を買ったり、レジでネットショッピングの決済をするときや今日借りれるローンを借り入れるときにもにコンビニを利用しています。

また、コンビニに設置されたATMですが、基本的に私は残高照会のみ利用しています。理由は通帳記帳ができないうえに、硬貨の取り扱いがない、そして手数料が高いという点です。ですので手数料に関してはもう少し安くても良いと思っています。しかし、店舗を持たないネット銀行等の場合はコンビニでやり取りするのが便利だと思います。

これらを総じて見て見ると現代のコンビニは幅広く利用できるのが良くわかります。

お金を借りるのは大きな買い物をするときだけ

基本的に、お金を借りるということにはあまり良いイメージはなく、できれば借りたくないと考えています。とくにアコムなどの消費者金融には抵抗があります。・・・

しかし、住宅や車などの高額なものを購入する場合、やはり金融会社や銀行に頼ることもあります。できることなら、余計な利息などを払う必要のない親などから借りられれば良いのですが、親には親の生活や事情がありますから、そう大きな金額を借りるわけにはいきません。

住宅や車以外の、生活費や贅沢品のためにお金を借りるというのは、問題外と考えています。
お金を借りてまで贅沢品を購入する必要はないと思うし、生活費を借りるほどに生活が厳しかった場合、返すことも難しくなってしまいます。

どうしても生活費が足りなく、どこからか借りなければならないとしたら、まず第一に親に当たると思います。親に「生活費が足りない」と言うのも恥ずかしく、情けないものですが、借りたものの返済できずに問題が大きくなるような金融会社や銀行から借りるよりも確実だと思います。

お金を借りるのは必要としているから

人がお金を借りる理由というのは人によって様々だと思います。

例えば 事業に失敗し負債を抱えその返済のため又は 新しく事業を行うための資金を必要とし資金を借り入れする或いは 急な出費に対応するため等、その人が置かれた状況によって直接的な理由は異なるでしょうが本質的には、そのお金がなければ状況を打開することが出来ないからだと思います。

自分は依然実際に事業に失敗し借金をしました。それもやはり自分だけの力ではその状況を打開することが出来なかったからです。

誰から或いはどこから借りるのかというのは必要としている金額によって違ってくると思います。少額であれば親しい友人や親兄弟などから借りたり、クレジットカードのキャッシングサービスを利用すこともあるでしょうが、高額となってくるとやはり総量規制対象外の銀行や消費者金融等の高額の借り入れができるところとなってくると思います。

自分が借金した時は自分の保有しているものを出来る限り処分してからだったので金利を払うのを避け親兄弟や友人に借金しました。

なるべくならお金を借りずに生活したい

私が日々思っていることは、なるべくなら銀行、金融会社はもちろん友達、家族にもお金を借りずに生活していきたいということです。

住宅、車などの大きな買い物をする時はしょうがないかなと思いますが。
利子がもったいないと思ってしまうので、車もできれば現金で買いたいのですが
ファミリーカーなどの大きな車だと高額なので、車会社のローンを使ってしまいます。

貴金属、ブランドものなどの贅沢品はあまり欲しいとは思いませんし現金に余裕がなくお金を借りなければ買うことができない状況なら、私は買おうとは思わないと思います。

現金が貯まるまで待って、それから自分へのご褒美として買うならいいと思いますがお金を借りてまで買うということが私にはわかりません。

よく友達にお金を借りる人がいますが、私にはその行為もよくわかりません。
小さい頃から両親に友達にお金を借りてはいけないと言われて育ったからかもしれませんが。
お金のことで大切な友達を失ったらもったいないからと言われていました。
もしどうしてもお金を借りなければいけない状況になったら、銀行から借りたいです。